menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コミティア一般初参加で思った、サークルさんにやってほしいこと
  2. 漫画を描く際に役立つ小ネタ・テクニック・技術ツイートまとめ
  3. SAI×Photoshopで描く背景イラストテクニック 感想レビュー
  4. 【マール社 ペンで描くを徹底模写】アナログペン入れ上達への道
  5. 同人ポストカードを激安で印刷するならココ!まさかの送料込〇〇〇円!?
  6. 同人誌の書店委託と自家通販の違いって?それぞれのメリット・デメリットを…
  7. 人物を描く際に役立つツイートまとめ
  8. 同人に関するツイートまとめ
  9. 地方からコミケに参加する時に便利な穴場ホテル
  10. ブックネクストのオンデマンド印刷が凄い件について
閉じる

イラスト・同人・漫画情報 ドロチップ!

イラストを描くネタがない、何を書けばいいのか分からない方へたった一つの解消法

こんにちは、SAKATAKIです。

「何か描きたいけど、何も思いつかない」
「ネタが切れてしまって何を書けばいいのか分からない」
そんな方にたったひとつのアドバイスを送ります。

ネタ切れしている人はひたすら「インプット」をしよう

絵を描くネタがない…そんな人は自分の中の「描きたいものリスト」を全て描き切ったと言ってもいいかもしれません。
心の中の「描きたいものリスト」は机の上でウンウン唸りながら増やすこともできますが、もっと簡単に「描きたいものリスト」を増やす方法があります。
他の人の作品を鑑賞する、美術館に行く、遠出して絶景を見に行く…などなど、新しい刺激を自分の中に「インプット」をするのです。

絵画作品を見て「この色使い素敵だな」と感じる。
ライブに行って「この照明の使い方は絵に応用できそう」と思いつく。
絶景を見て「ここにあのキャラクターを立たせるとどうだろう」と考える。
苦手なパースの本を読んで「次はパースを使った絵を描いてみよう」とチャレンジして見る。

こんな風にどんどんアイデアが湧いてきそうですね!
思いついたものはすぐにスマホやメモ帳などにメモをすると、いざイラストを描く時に役立ちますよ。
このように、インスピレーションを掻き立てるものや場所を知っていると、あなたもネタ切れ知らずになれるということがお分かりいただけたかと思います。

次に、私自身がネタ切れしてしまった時にやっていることをリストアップしてみたいと思います。

本を読む

本はネタの宝庫です。イラストのネタに困ったらとりあえず本屋や図書館に直行しましょう。
私がよく見る本はデザイン関連の本・ファッション雑誌・イラスト集・写真集あたりです。自分の興味のあるもの、素敵だなと思った表紙の本、話題の本コーナーに積まれた本など、興味の赴くままに見てみてはどうでしょうか。
また、私の経験上同人誌のプロットを練る時に最も参考になるのは「本」だという結論に至りました。ネット上には何でも情報がありそうな気がしますが、やはりもっと突っ込んだ情報は「本」で得ることが最も効率がいいです。

Amazon Kindle Unlimitedは定額で本が読み放題のサービスです。どれだけ読んでも初月は無料なので、とりあえず試すだけでもいかがでしょうか。

例えばこんな本が定額980円で読み放題です。

美術館へ行く

自分が住んでいる地域にある美術館が今何を展示しているのかチェックしてみましょう。そして、自分の興味に合いそうな展示があったら、ぜひ行ってみましょう!
教科書に載っているような巨匠たちの絵や、現代美術家のアート、最新技術を使った作品など、様々な作品を実際に見て感じることでインスピレーションが湧いてきます。
私は他の県に旅行で遊びに行くときは、必ず現地の美術館で面白い展示をやっていないかチェックしています。

映画を見る

話題の映画、気になっていた映画、ジャケットで惹かれた映画…映画館でなくても、DVDやBDレンタルでもいいのできになる映画を観てみましょう。
映画は色彩設計・構図・ヘアメイクなど、一流のアーティストたちが集まってできた作品です。きっとイラスト作品のヒントを得られるでしょう。

山や川、海に行く

近所に山、川、海など自然はありませんか?
人は自然の中を散歩するだけで脳がリフレッシュし、その後3〜4時間は認知能力・集中力・考察力がアップすると言われています。
さらに、自然の中にはイラストのヒントもたくさん隠れています。
私は先日歩いて渡れる島を訪れ、夕日に照らされた海が金色に輝いていたことに感動し、そのキラキラとした印象をイラストに描き出してみました。おそらく、その場所に行ってみなければ描くことはなかったイラストだなと思います。

最後に

イラストのネタがない時、ネットで素敵なイラストを探すのも良い方法ですが、五感を使った体験をすることでもっと大きなインスピレーションを得ることができます。

それでは、良いネタ出しライフを〜

関連記事

  1. 【感想】松本コロタイプ光芸社さんで同人誌の印刷を頼んでみたレポ

  2. 【ネコポス梱包方法】あんしんBOOTHパックで同人誌を匿名発送し…

  3. 同人イベントのポスターデザインの作り方のコツ

  4. Tachikawaのペン軸のハズレを引いてしまったので確実に固定…

  5. 同人誌即売会のサークル巡りに便利なグッズ4選

  6. イラストに自分だけの個性を与える方法

ピックアップ記事

  1. こんにちは、SAKATAKIです。先日コミティア122に一般参加してきました。実は今回コミティア…
  2. #わたしのネームの描き方evernoteでプロット打ち込む→クリスタのストーリーエディタに流し込…
  3. こんにちは、SAKATAKIです。今回は背景の描き方メイキング本のレビューを行なっていこうと思い…
  4. こんにちは、SAKATAKIです。原稿のたびに自分のペン入れが下手すぎて凹んでいたところ、こんな…
  5. こんにちは、SAKATAKIです。ネットサーフィンをしていたらたまたま超激安ポストカード印刷サー…

おすすめ本

ページ上部へ戻る