menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. コミティア一般初参加で思った、サークルさんにやってほしいこと
  2. 漫画を描く際に役立つ小ネタ・テクニック・技術ツイートまとめ
  3. SAI×Photoshopで描く背景イラストテクニック 感想レビュー
  4. 【マール社 ペンで描くを徹底模写】アナログペン入れ上達への道
  5. 同人ポストカードを激安で印刷するならココ!まさかの送料込〇〇〇円!?
  6. 同人誌の書店委託と自家通販の違いって?それぞれのメリット・デメリットを…
  7. 人物を描く際に役立つツイートまとめ
  8. 同人に関するツイートまとめ
  9. 地方からコミケに参加する時に便利な穴場ホテル
  10. ブックネクストのオンデマンド印刷が凄い件について
閉じる

イラスト・同人・漫画情報 ドロチップ!

初めての同人誌、何部発行する?管理人の失敗談も

こんにちは、SAKATAKIです。
今回は初めてのオフセット本デビューをする時必ず直面する「何部刷ればいいの?」「部数が決まらない」についてお話しします。

結論、とりあえず〜50部でいいと思います。

いきなり結論を書いてしまいました笑
初めてオフセット本を出す(知名度ほとんどなし)と言う状況であれば、50部以下で十分です。よっぽどpixivやtwitterなどで有名でない限りは、このくらいが無難なのではと思います。

50部って少なくない?

1回のイベントで50部売れるってすごいことなんですよ。例えばコミケの会場時間が10時〜16時までの6時間=360分。それを50で割ると7.2分。7.2分ごとに1冊売れれば50部全部捌けるという計算です。
弱小サークルである私の経験から言うと7分に1人来てくれるってすごいですよ。下手したら30分誰もスペースに来なくてボーーーーっと座ってることはザラにあります笑 列ができるなんて夢のまた夢です。
だから、知名度のないサークルさんなら初めてで50部でも本当に十分です。
もし50部が売り切れてしまったら、次回はもっと増やして刷れば良いのです。

印刷部数と価格に惑わされないで!

スクリーンショット 2017 08 17 10 58 25

印刷会社の価格表を見ていると、数百円を足すだけで100部・200部と刷れてしまいます。そして部数が多ければ多いほど、単価もぐっと下がります。
ここで皮算用をやってしまっては危険です。例えば30,000円で200部刷ったとすると単価は150円です。これを500円で売れば全部売れるとなんと10万円になります。
うわっ!7万円の儲けになる!」と喜んでしまいますが、それは200部売れたらの話です。200部売ると言うのは先ほどの360分の計算を使うと1.8分に一人買う計算になります。実際にイベントに参加すると分かりますが、それほどのペースで売れるサークルさんはごく一部です。なので、価格表を見て部数を決めるのはやめた方が賢明です笑

初めてのオフセット本で200部刷った人の末路

はい、ここで私の失敗談を書いておこうと思います。
初のイベント参加でオフセット本、しかもフルカラーイラスト本を200部刷るという暴挙に出ました。結局売れたのは40冊程度。イベント後は通販も行いましたが数冊出た程度で、明らかに刷り過ぎな結果になってしまいました。
その後他のイベントで漫画本を100冊刷りましたが、30冊程度出たくらいでした。
これらの在庫は、ダンボール2箱分となり部屋を占領し続けています。そろそろ多すぎる分は処分しようかなあと考えているところです…

このエントリを読んだ方には在庫で部屋を圧迫されない、適切な冊数を刷ることができますように…!!
ではでは〜

関連記事

  1. 【感想】ホープツーワンさんで同人誌の印刷を頼んでみました

  2. 超寒がりさん必見!冬コミの服装・防寒グッズについて

  3. 【ピコ向け】同人誌即売会での一番簡単な冊数カウント方法

  4. 島中サークルさんにオススメ!コンパクト&格安ポスタース…

  5. 【ネコポス梱包方法】あんしんBOOTHパックで同人誌を匿名発送し…

  6. 同人ポストカードを激安で印刷するならココ!まさかの送料込〇〇〇円…

ピックアップ記事

  1. こんにちは、SAKATAKIです。先日コミティア122に一般参加してきました。実は今回コミティア…
  2. #わたしのネームの描き方evernoteでプロット打ち込む→クリスタのストーリーエディタに流し込…
  3. こんにちは、SAKATAKIです。今回は背景の描き方メイキング本のレビューを行なっていこうと思い…
  4. こんにちは、SAKATAKIです。原稿のたびに自分のペン入れが下手すぎて凹んでいたところ、こんな…
  5. こんにちは、SAKATAKIです。ネットサーフィンをしていたらたまたま超激安ポストカード印刷サー…

おすすめ本

ページ上部へ戻る